過呼吸 対処法

昨日は午前シフトだったので、あさ8時出勤なのですが、いつも30分早く出勤します。←一応責任者なので。(`_´)ゞ

午前勤務のパートさんが二人いたのですが、その中の一人がメンタル面での治療を受けている方で、普通はなんともないのですが、突然過呼吸を起こして、苦しみ始めました。
過呼吸は聞いたことありますが、実際にどういう症状かは見たことがなかったので、見守るしかなかったのですが、床に座り込んで、苦しそうにしていました。

聞いてみると、暑い時とかに突然発作を起こすらしく、朝に発作が出ることは滅多にないとのこと。
しばらくして収まって、その日は交代のパートさんを手配して、帰ってもらうことに。

無事帰宅のメールももらい、一安心。

そこで、過呼吸について、調べてみました。

過呼吸は、正式には「過換気症候群」と呼ぶらしく、「仕事や人間関係などのストレス疲労や睡眠の質の低下、過労などがきっかけ。」となり、呼吸が速くなる状態のことをいうそうです。

応急処置としては、大きく息を吸う深呼吸ではなく、吸った息を10秒程度かけてゆっくり吐き出す呼吸法をした方がいいそうです。できれば、数秒程度、息を止めることも有効だそうです。

過呼吸になると、パニックに陥いる人が多くいるので、周囲が慌てないことが大事とのこと。一緒になって慌ててしまうと傷病者が余計不安になり、症状が悪化させることも。とにかく、傷病者を落ち着かせることが大事

以上、要点のみ書いてみました。

「原因」が仕事や人間関係などのストレスや疲労・・・。う〜ん。
デリケートな問題なんだな〜と思いました。

瞑想なんかをやると、呼吸が整って、効果があるように思うな。
そして、常に平常心でいられる。
メンタルクリニックでも、そんなアドバイスしてるんだろうか?

実は、自分が20代の頃、瞑想のグルに指導を受けたことがある。
脳波を測る機械で計測すると、10秒足らずで、アルファ波が出ていたので、多分、瞑想に関しては、それなりにできてると思う。
最近も脳波をアルファ波やシータ派と呼ばれる状態に導くある機器を購入し、毎日聞いている。
それを聴きながら読書やパソコン作業をすると、ものすごく集中できて、作業が捗る。
興味のある方は、お知らせください。d(^_^o)

話はそれましたが・・・
これで、今後、目の前で過呼吸を起こした人を見かけても、対処できるかなと。

「過呼吸対処法」として、
①まずは傷病者を落ち着かせること。
②深呼吸ではなく、吸った息をゆっくりと吐き出させる。
③自分自身が慌てないこと。

これを心得たいと思います。(`_´)ゞ

よかったらポチッと(^^)

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村