パルスオキシメーター

パルスオキシメーターって知ってました?

私も初めて聞く名前だな〜と思っていたのですが、実はお世話になっていたのです。(・Д・)

パルスオキシメーターは、指先に光センサーを付けて血中の酸素濃度を測るもので、指をクリップに挟むだけで簡単に測定できる医療用の機器なんだそうです。

そういえば、子供が小さい時、喘息で入院した時に、人差し指の先に、なんか挟んでたのを思い出しましたw

それと最近も私が甲状腺の病気になった時も、そういえば、人差し指に挟まれた覚えがあります。
機械の名前までは知りませんでしたが、あ〜あれか〜って思い出しました。

この血中酸素濃度が低い場合、コロナに感染しやすい、または感染している可能性があるらしいと言われているそうで、東京都などでは、ホテルに待機している軽症のコロナ陽性患者用に、パルスオキシメーターを設置しているそうです。

いずれにしても、血中酸素濃度の低下は、いろんな病気を起こしやすいというリスクがあるようです。

喘息などでも、血中の酸素の濃度を計測しますので、今回のコロナは肺炎が悪化するらしいので、肺が弱い人には、必需品かも知れません。この血中酸素濃度が低いことで、病気が深刻化しているかの目安にしているようです。

コロナ感染の予防・目安になるかもしれないので、これからは家庭に一台は置いておいた方がいいかも知れません。

また、マスクの買い占めや、この間の大阪のイソジンの買い占めのように、在庫不足にならないうちに、早目に入手した方がいいかも知れませんね。

まだ、Amazonには在庫があるようですよ。


dretec ドリテック パルスオキシメーター OX-102BL 小児 医療用 酸素濃度計 アラート 看護 家庭用 介護 国内検査済 一年保証 医療器認証取得済

それと、体重15kgから測れるので、小児の喘息などの症状の目安にもおすすめだそうです。あと、標高4000mまで耐えられるため登山時の高山病の予防にもいいそうです。

それでは(^^)