5G 電磁波防止 グッズ

5Gって盛んに言われてますが、ところで5Gって何?って思いますよね。

5G=「第5世代移動通信システム」のことで、「高速大容量」「高信頼・低遅延通信」「多数同時接続」という3つの特徴があるそうです。

まあ、自分たちの暮らしを便利にしてくれるとは思いますが、その一方で、高い電磁波が使われるんじゃないの?という懸念もあるんですよね。

アップルの創業者スティーブ・ジョブズ氏は、自分の子供たちには、スマホを与えなかったとも言われ、子供への電磁波の影響を知っていたのではないかとも言われています。

人間は水分でできている生き物ですから、電磁波の影響がエネルギーを転写しやすい水に影響与えないわけがないと思いませんか?

これだけ聞くと、電磁波=悪という図式になってしまいますが、もちろん、善の部分でも私たちを進化させてくれるという面も持っていることは否定しませんよ。

話は変わりますが、コロナが日本で発症したとというニュース、確か札幌でしたよね?
なぜ、札幌かというと、雪まつりで初めて5Gを使ったらしいのです。

信じる信じないは別として、あるスピリチュアル関係の方の話によると、あのコロナの突起は、5Gを吸収して、活性化するらしいのです。
だから、発症が多いのは5Gが進んでいる地域。(あの中国・武漢がその5Gをいち早く取り入れたらしいのです)
なんか、納得してしまう話ではありませんか?

そうじゃないにしても、電磁波の影響は、日常に潜んでいます。

そこで、こういうのを先日購入したんですね。

このサイトにはこう書いてあります。

cmcbioペンダントは、cmc固定素材900mgを充填しています。cmcを固定する事によって電磁波吸収率は、95~99%に上がります。カーボンマイクロコイルと言う新素材の特性を生かして電磁波を吸収して熱エネルギーとして放出します。また器機内部から発生する電磁波も吸収します。対応範囲も広くkhz~他の材料では不可能なGHz 帯域までカバーします。5GHzはもちろん、航空機や衛星通信で使用されている18Ghz帯まで効率良く吸収しカバー出来ます。このペンダントの有効範囲は、半径およそ1mの範囲をカバーします
さらに防水していますのでそのままお風呂に入っても問題有りません、コップ一杯程度であれば数分で水素水生成も可能です。身につけていればいざという時に大変便利です。効果は半永久的に持続します。」

ちょっと長いですが、驚くべきことが書いてありますよね?5GHzだけじゃなくて18Ghz帯まで吸収すると。

なぜ、こんな小さいペンダントが電磁波を吸収するのかというと、カーボンマイクロコイルと言う新素材のお陰なんだそうです。

これを開発したのが、岐阜大学名誉教授の元島栖二氏だそうで、1990年に、既存素材・材料には見られない特異的構造の3D-ヘリカル/ラセン構造を持つカーボンマイクロコイル(CMC)の合成に世界で始めて成功したとある。

こういった話には眉唾の人もいるとは思いますが、必要としている方もいらっしゃると思い、思い切って紹介してみました。

電磁波防御 cmcbioペンダント

ちなみに、つけてから1ヶ月以上経過しますが、特に体に違和感はなく、毎日気持ちよく過ごせています。
疲れを感じなくなったような気がします。(あくまで個人の感想です)

もしかすると、電磁波を吸収するので、コロナを活性化させない環境ってことは、コロナさえも近づけないんじゃないかなと勝手に思っております。( ̄ー ̄)